サプリは容量を守って

サプリの過剰摂取は負担も

サプリの過剰摂取は肝臓に負担

サプリを過剰摂取することによって、少なからず肝臓への負担が掛かることがあるため、健康維持を図るうえで、しっかりと正しい容量を守ることがポイントとして挙げられます。最近では、副作用などのリスクの低い健康食品の選び方にこだわる人が増えてきており、いくつかの商品の価格帯やアフターサービスの良しあしをじっくりと見極めることが良いでしょう。また、サプリの正しい使い方をマスターするためには、ある程度の時間が必要となることがありますが、各メーカーのおすすめの商品の利用価値の高さに目を向けることがコツとして挙げられます。

サプリに過剰摂取のリスクはない

医薬品は過剰摂取すると、大きなリスクに見舞われます。軽い副作用であれば、頭痛や吐き気程度で済みますが、元々効力が強い医薬品を決められた量以上に、大量に摂取すれば、文字通り命に関わる体調不良に至ります。毎年多くの方々がそれで重篤な被害に遭遇しています。一方でサプリメントですが、こちらは医薬品ではありませんので、基本的に過剰摂取によるリスクはありません。栄養素を上手く補給する事を目的に製造された製品ですので、決められた量を少々上回っても、体の調子が変になる事はありません。ただ、サプリメントにもメーカーが推奨する摂取量がありますので、それを倍以上上回る形で摂取すれば、製品の安全性とは別に、栄養素を一度に取り過ぎた事で原因で気分が悪くなる恐れが出てきます。

↑PAGE TOP

Copyright © サプリの過剰摂取は負担も All rights reserved